Renya's Dialy

かつて大学生で専門学校生で社畜だった私の日々の日記やメモ。

フレンドリーな文章

文書を残すにあたって、メンテが必要な文書とかが存在すると思う。

環境構築とかそういう文書。

で最近思ったのが、それのメンテってすごく気が進まないし、すっっっっげーだるい。

やる気も起きないし、面倒見たいとも思わない。

けど最近思ったのが、フレンドリーな文章にすると面倒みんとあかんなってなんとなく思うような気がした。

実際書いたのだが、まだ日がたっていないっていうのもあると思うけど、常に気にかけている気がする。

あーあそこもうチョット言葉を柔らかくしたほうがいいな。とか、もうちょっとふざけた感じ?軽い感じにしてもいいかもなぁ。 とか。

なんでこう思うのか、色々考えたけど、手を書けているからっていうのもだけど多分それ以上に”自分の言葉”として書く感じになるから愛着が湧くからなのかなと思った。

公式な文章として書くと、「〜〜です。」とか「〜〜である。」とかそんなんになって、なんか機械的というか無機質感情がなくて自分がやる必要がないのでは?という風に思うからなのかなぁと。

でも自分が思う”フレンドリー”というのを踏まえて書くと、”自分”が文章にのっかるので感情というか"血が通った文章"、”温かみのある”ものができて「あー面倒みないとなぁ」って思うのかなぁーと。

まぁ本来環境構築とかは、良い感じにジェネレートされるべきでとかはあるかもしれない。

でもそうじゃない文書だってあるはずだし、わざわざ"文書"という形で残すならメンテすべきものはちゃんとメンテすべきだと思う。

なので、”面倒を見るべき文書”は”フレンドリーな文章”で書くべきなのかなぁと思った。

なにより読む方もまぁ鬱陶しく思う人もいるだろうけど、楽しいかなと思うってのもある。

かたっくるしい文書よむより、ワクワクというかなんか楽しく読めるといいよなって。

まぁそんな感じ。