Renya's Dialy

かつて大学生で専門学校生で社畜だった私の日々の日記やメモ。

D言語のいろいろ

前々から少し触っていていつの間にか触れる事のなくなった、 D言語をまた触り始めてなんか出来たのであげてみる。

とその前にD言語について少し、 書いときます。

簡単な概要

Digital Mars社のウォルター・ブライトによって開発された。C言語の後継を目指したものだが、マルチパラダイムプログラミング言語であり、オブジェクト指向プログラミングも可能である。 引用元Wikipedia

簡単に言うとそういう事ですね。 もっと細かく知りたいと言う人はこちらへ

すごく書きやすくてしかもVMを使わないとのことで気に入りました。 CからJavaに移った人間としては、C++を使うよりすごく使いやすいと思います。

つくったー

いきなり難しいことは出来ないので単純な時計?てきなものをさらっと作ってみました。

import std.stdio;
import std.datetime;

void main(string[] args){
    while(true)
    {
        auto c1 = Clock.currTime();//システムの時計をとってくる。そんな感じ
        writef("\r"~c1.toSimpleString);//¥rでカーソルを最初に戻して時間を表示
    }
}

while(true)が少し恐ろしい気がしますが・・・ まぁ大丈夫でしょう。 それで結果がこちら

f:id:renyamizuno:20130514001124p:plain

こんな感じになります。 何に使うのよ?え?時計。 はい。 とにかく簡単に記述出来ます。とても素敵ですね。 もっと使っていきたいなと思いましたね。

ではでは。