Renya's Dialy

かつて大学生で専門学校生で社畜だった私の日々の日記やメモ。

働くこと?とか会社?とかそのへんについておもうこと

最近「働く」ということに色々思うことが多くあり、それについて書いておこうかなとおもった。

友人Aの店

友人Aが経営している飲食店がちょっとまえから?特に最近なんか従業員の扱いが酷いように見えてきた。

とてもまともに人を見ているとは思えない状況だった。

例えばずっと棒立ちしている店員がいて、何故かそいつはその 友人A と”気が合う”というだけで評価されていた。 しかもその店員は、Twitterとかでその友人Aの悪口を書いたり、風邪だと言って休んでいるのに「カラオケなう」とか書いちゃうようなやつだった。

しかし、それでもずっっっっっとそいつは高く評価されていた。

中には職場を改善しよう。売上を上げるにはどうしたらいいのか。と頑張っている人たちもいたが、その人達は全く評価されていなかった。

友人Aと気が合う、またはうまく媚びを売っているものだけが評価されていた。

何故こんなことになってしまったのだろうか。

友人Aは勉強もできそれなりにいい成績を残していたはずだが、何故こんなことになってしまったのだろう。

彼はコンピュータサイエンスを学び、問題を解決することが好きな人間なはずなのに、何故目の前の問題を直視せず、店員に媚び売られるのを選んだのか。

さっぱりわからない。

実例

あまり口をはさみたくなかったのだが、一度ありえないことが起きた。

日々のルーチンワークでミスをした従業員がいた。

その従業員は日々ちょっとした失敗や、大きな失敗をする従業員だった。

友人Aはその従業員に対して、何故ルーチンワークを失敗したか・その失敗の解決策・対応策を考えるよう言った。

だが、これはおかしい。

そもそもルーチンワークがマニュアル化されていなかったのだ。

日々行うルーチンワークに”職人の業”は必要ないはずなのだ。誰でも出来て当たり前、そのマニュアルを読んでその通り行えばつつがなく作業が終わるようにすべきだった。

僕はそのミスした従業員に吐かれる暴言にもにたその言葉を静かに見れるほど大人ではなかった。

そこで上の通り、「そんなのマニュアル化すべきだ」と言った。

学校は違えど同じような分野(僕は専門学校卒なので、コンピュータサイエンスには詳しくはないが)で、学生時代にほんの少しだが知識を教えあった仲だ。彼なら通じるだろう。と思った。

だが、「イレギュラーなことが起こったらマニュアルは意味が無い」と言われてしまった。

イレギュラーなことを起こさないためのマニュアルのはずだ。

実際それが無いせいで誰の責任かもわからない問題が起きてしまっている。

ミスをした従業員が悪いのか。はたまたその指導を行っていなかった教育担当が悪いのか。そういう問題に気づけていない友人Aが悪いのか。

とにかくこの一件で彼に絶望してしまった。

とても期待していたし、すごく応援していたのだが。

もう全然店にも行っていない。

従業員は何を思うのだろうか。

不公平な評価をされ、ミスは全て押し付けられ、尻拭いもすべてさせられ、情報共有も全くされず…。

と、ね。

地獄だなって思う。

まとめ。自分の考えていること。

「経営者が稼いでいるのではなく、従業員が稼いでいるのだ。」と僕は思っている。

実際商品を作ったり、営業や宣伝をしたり、サービスを提供するのは従業員だ。社員だけじゃない、派遣社員も、アルバイトも、契約社員も、その他も。それらに関わる全ての従業員だ。

その従業員を”正しい目”で見ず、正しく導いたり、保護したりが出来ない会社(または経営者)には未来が無い。と思う。

そんなことをずっと思ってただけだったので、 特にまとまっていないが、日記として残しておく。

映画「イミテーション・ゲーム」を見た

今年は毎日日記を書くぞ。って心のなかで宣言したものの、3月中旬までなにも書いていなかった私です。

今日からなんでも良いから書いていこう。と思います。

頑張って続けます。

いちプログラマーたるものとして

プログラマーたるものとして、「アラン・チューリング」については知っておくべきというか、まぁ知ってますよね。

チューリングマシンとかチューリングテストとかね。

ただその生涯というか実際に何したとかはよくよく知らないなぁと思ってました。

でアマゾンプライムのプライムビデオにあったので、見ました。

別に詳しく何かを書くつもりはないですが、感想をば。

感想

やっぱりすごいなぁ。という感想。 語彙のNASAよ。

自分と同じくらいの年齢で、教授でーとかもう自身というか心が砕かれる。

こういうのを見るたびに自分は一体…となってしまうので避けていたのだが。。。

とにかくやはり天才は天才であって、常人では追いつけない存在なのだなと思った。

日々生きてて苦しくなるけど、苦しくなるだけで何もないから、僕は僕でできることを頑張って行こうと思った次第であります。

あーと映画自体は、普通に良かった。

ベネディクト・カンバーバッチはあーいう役が似合ってるなーやっぱり。という感じです。

時間軸が不意に変わるのがちょっとわからなくなるから落ち着けよ。ってなる感じ。

あと暗号解読の下りが、なんか急に解けたぞ!!やったー!!みたいな感じでもうちょい説明があるといいのかな?とも思った。

まぁあの場にいたみんなは普通に理解してた感じだし、詳細に説明されてもそれはそれで冷めるからあれで良かったとは思う。

ただそういう教養というか基礎的な知識がない人からしたら、わけわからんだろうなぁ…みたいな感じ。

まぁいいんだけどさ!

今日はこのへんで、初日から飛ばすと何もない日が苦しくなるからさ。

じゃあの。

ユニティちゃんゲームジャムに参加しました!

どうも、社畜し始めてもうすぐ3ヶ月。もう辞めたい。そんな私です。

今回は6月14日・15日にあった、ユニティちゃんゲームジャムに参加してきたのでその報告を今更しようと思います。

ユニティちゃんって?

ユニティちゃんとは、Unity Technologies Japanマスコットキャラクターで3DCGモデルも公開されています。

できも良く(そりゃそうじゃ) とてもかわいい

それでこのユニティちゃんを使用したコンテンツを30時間で制作しよう!というのがユニティちゃんゲームジャムです。

続きを読む

Yesodに触れてみた

近状報告

卒研が終わった今日この頃。
ネットワーク学科、システム学科、ゲーム学科、医療学科というごちゃごちゃな学科の4人で ゲームを作りました。

f:id:renyamizuno:20140225215645p:plain

f:id:renyamizuno:20140225215729p:plain

こちらからダウンロード出来ますので、是非遊んでみてください!
Мегион-メギオン-

ネットワーク学科のOは敵のモデル、主人公のモデル、絵コンテ等ビジュアルを担当し、システム科の私はしょぼい敵AI、OPムービ等のスクリプトを作り、ゲーム科のIはプレイヤーのスクリプトとカメラの制御、Mapの作成を担当し、医療科のTはBGMとSE、一部Mapオブジェクトの制作を担当してもらいました。

4人中3人はまともにゲーム開発した事がなく、Tに至ってはBGMとかうちの学校では取り扱っていない領域にまで手をだし、約3ヶ月間ゲーム制作をおこなって来ました。

発表会当日まで徹夜し、最後まで改良を重ね自分達の納得のいくまで作り続けました。 そして、なんと卒業研究優秀賞第1位という学内で一番優秀であった、というものまで頂けました。 すごく嬉しかった。呼ばれた瞬間に椅子から飛び上がって飛び跳ねて4人で絶叫していました。

そしてこれで清々しく卒業できる!と思っていたら、

「水野君は出席数が足りないからまだ来てね♡」

FUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUU!!!!!!!!!

ここから本編

続きを読む

vim3dを触ってみた。

久しぶりに書いてます。

vim3dって?

f:id:renyamizuno:20140211231019p:plain

vim3D

viのようなインターフェースで3Dシーンを作成できるソフト。でいいんでしょうか・・・

まーコマンド打ってシーンを作っていく感じですかね。
ただいま卒研で絶賛3Dモデリング(私は敵のAIとか担当ですが・・・)を行っています(いました?)ので、参考&息抜きの為にすこーし触ってみようかと思います。

続きを読む

ブログ移転予定。

いてんー

移転しようかと考えつつ色々めんどくさなーといった感じです。
でもまぁこの際移転でいいかなーとかんがえてます。
とりあえずデザインセンスとか皆無だから頑張らないとだし、wordpress使おうかと考えてるから、 なれないとだしししいしししいししし。

そんな感じなんで頑張ります。

また移転したらおしらせとか書かないとなのかー

マーソンな感じ

じゃじゃ

卒論終了

おめでとさん

・・・ありがとう!
とまぁそんな感じでいつの間にか完成って事になってましたね。
とりあえずリンクインタラクティブ地球儀
起動が果てしなく重いのは仕様です・・・・。 ごめんなさい。

続きを読む